タグ: rte-source
タグ: ビジュアルエディタ
 
22行目: 22行目:
 
|デザイン = 森木靖泰
 
|デザイン = 森木靖泰
 
|ギャラリー = [[{{PAGENAME}}/ギャラリー|画像ギャラリー]]
 
|ギャラリー = [[{{PAGENAME}}/ギャラリー|画像ギャラリー]]
}}'''Ξガンダム'''(クスィーガンダム、'''Ξ GUNDAM''', ''XI GUNDAM'')は、富野由悠季の小説作品『[[機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ]]』に登場する兵器で、同作の主人公機。宇宙世紀0104年、反地球連邦政府組織 "マフティー" がその象徴として秘密裏に[[アナハイム・エレクトロニクス社]]に開発を依頼したガンダムタイプモビルスーツである。(型式番号:RX-105)
+
}}'''Ξガンダム'''(クスィーガンダム、'''Ξ GUNDAM''', ''XI GUNDAM'')は、富野由悠季の小説作品『[[機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ]]』に登場する兵器で、同作の主人公機。
   
 
== 機体解説 ==
 
== 機体解説 ==
  +
反地球連邦政府組織 "マフティー・ナビーユ・エリン"が秘密裏に[[アナハイム・エレクトロニクス社]]に開発を依頼した最新鋭のガンダムタイプモビルスーツである。
宇宙世紀0104年、秘密結社 "マフティー"が[[アナハイム・エレクトロニクス社]]に極秘裏に発注した、当時最新鋭の第五世代モビルスーツ。30m級の機体としてはRX-104 ペーネロペーに続く2番目のミノフスキークラフト搭載型モビルスーツとなる。高速飛行時にはビームバリアー<!--ビームバリア=ミノフスキーバリアーではありません。-->を機体前面に展開、進行方向に波形を変えたビームを放射することで大気の干渉を減散させる。この状態では、あたかも機体全体が発光するかのような様相を呈し、確認されている限りでは、マッハ2を超える速度での航行が可能。
 
   
  +
Ξ(クスィー)という名称は、ニュータイプのパイロット[[アムロ・レイ]]が搭乗した最後の愛機であるνガンダムの次の意思を継ぐという意味で与えられた。
機体性能そのものも極めて高く、操縦系にはサイコミュも取り入れられており、搭乗者の脳波を拡大するシステムを有する。武装面においても充実しており、携行するビーム・ライフルは旧来品の倍近くの初速を誇り、肩部には大出力のメガ粒子砲二基を搭載する。ビーム・サーベルは基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、敵機を両断することが出来る。また、機体各所には多数のミサイル・ランチャーが設置されており、爆撃能力も有する。さらに、当時最先端のサイコミュ兵装であるファンネルミサイルを搭載しており実弾兵器の思念操作が可能である。
 
   
  +
RX-104 ペーネロペーと同様にミノフスキー・クラフトを搭載。完全なビーム・バリアーによる防御や高速飛行が可能となっている。この高速飛行の原理とは、機体の進行方向へ波形を変えたビームを放射することで大気の干渉を拡散させるというものである。この状態では、マッハ2を超えた速度での航行し、機体全体が発光して見える。
サイコミュデバイスと大出力メガ粒子砲を同時に搭載する機体コンセプトは、同社製のθガンダム(ZZガンダム)やサザビー等とも共通しており、これらの機体の優れた点を継承するガンダムタイプモビルスーツと言える。また、本機のΞ(クスィー)という名称は、かつて、シャアの反乱で生死不明となったパイロット[[アムロ・レイ]]が搭乗した最後の愛機であるνガンダムの次の意思を継ぐという意味で与えられたという。
 
  +
 
機体性能そのものも極めて高く、頭部サイコミュブロックにより、搭乗者の脳波を拡大する。武装面においても充実しており、携行するビーム・ライフルは旧来品の倍近くの初速を誇り、肩部には大出力のメガ粒子砲二基を搭載する。ビーム・サーベルは基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、敵機を両断することが出来る。また、機体各所には多数のミサイル・ランチャーが設置されており、爆撃能力も有する。ファンネルミサイル脳波誘導が可能である。
   
 
宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なモビルスーツは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。
 
宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なモビルスーツは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。
   
 
=== 劇中での活躍 ===
 
=== 劇中での活躍 ===
アナハイムでのトライアル後、カーゴ・ピサに格納された状態で月面から地球へと移送される。宇宙世紀0105年4月21日に搭乗者である"マフティー"がインドネシア・ハルマヘラ島沖にて空中受領、直後に追撃してきたRX-104FF ペーネロペーと交戦、これを退ける。その後エアーズロック攻防戦や連邦軍基地襲撃等、秘密結社マフティーの象徴として多大な戦果を挙げる。しかし、同組織の台所事情からか、時には使役作業に運用される場面もみられた。そして同年4月26日、マフティーはオーストラリア・アデレートにて行われる連邦中央閣僚会議の粉砕を宣言、法案の破棄を要求し会場を襲撃する。その際、Ξガンダムは因縁のペーネロペーと再び交戦、互いの兵装を駆使した熾烈な戦闘を展開する。やがてΞガンダムはペーネロペーを追い詰めるものの、会場周辺に設置されたビーム・バリアーによって大破しパイットごと捕獲さまった。
+
宇宙世紀0105年、アナハイムでのテスト後、カーゴ・ピサに格納された状態で月面から地球へと移送される。宇宙世紀0105年4月21日に搭乗者である"マフティー"がインドネシア・ハルマヘラ島沖にて空中受領、直後に追撃してきたRX-104FF ペーネロペーと交戦、これを退ける。その後エアーズロック攻防戦や連邦軍基地襲撃等、秘密結社マフティーの象徴として多大な戦果を挙げる。しかし、同組織の台所事情からか、時には使役作業に運用される場面もみられた。そして同年4月26日、マフティーはオーストラリア・アデレートにて行われる連邦中央閣僚会議の粉砕を宣言、法案の破棄を要求し会場を襲撃する。その際、Ξガンダムは因縁のペーネロペーと再び交戦、互いの兵装を駆使した熾烈な戦闘を展開する。やがてΞガンダムはペーネロペーを追い詰めるものの、会場周辺に設置されたビーム・バリアーによって墜落。無抵抗な状態のままペーネペーにより、マニュピレーターやエネルギー・チューブ、バーニアを焼き切ら、戦闘能力を失う。その後は、アデレート空港に鎮座た状態で、連邦軍から製造元がどこなのか調査が行われた。
   
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==

2020年6月14日 (日) 14:31時点における最新版

Ξガンダム(クスィーガンダム、Ξ GUNDAM, XI GUNDAM)は、富野由悠季の小説作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する兵器で、同作の主人公機。

機体解説[編集 | ソースを編集]

反地球連邦政府組織 "マフティー・ナビーユ・エリン"が秘密裏にアナハイム・エレクトロニクス社に開発を依頼した最新鋭のガンダムタイプモビルスーツである。

Ξ(クスィー)という名称は、ニュータイプのパイロットアムロ・レイが搭乗した最後の愛機であるνガンダムの次の意思を継ぐという意味で与えられた。

RX-104 ペーネロペーと同様にミノフスキー・クラフトを搭載。完全なビーム・バリアーによる防御や高速飛行が可能となっている。この高速飛行の原理とは、機体の進行方向へ波形を変えたビームを放射することで大気の干渉を拡散させるというものである。この状態では、マッハ2を超えた速度での航行し、機体全体が発光して見える。

機体性能そのものも極めて高く、頭部サイコミュブロックにより、搭乗者の脳波を拡大する。武装面においても充実しており、携行するビーム・ライフルは旧来品の倍近くの初速を誇り、肩部には大出力のメガ粒子砲二基を搭載する。ビーム・サーベルは基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、敵機を両断することが出来る。また、機体各所には多数のミサイル・ランチャーが設置されており、爆撃能力も有する。ファァンネルミサイルは、脳波誘導が可能である。

宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なモビルスーツは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。

劇中での活躍[編集 | ソースを編集]

宇宙世紀0105年、アナハイム社でのテスト後、カーゴ・ピサに格納された状態で月面から地球へと移送される。宇宙世紀0105年4月21日に搭乗者である"マフティー"がインドネシア・ハルマヘラ島沖にて空中受領、直後に追撃してきたRX-104FF ペーネロペーと交戦、これを退ける。その後エアーズロック攻防戦や連邦軍基地襲撃等、秘密結社マフティーの象徴として多大な戦果を挙げる。しかし、同組織の台所事情からか、時には使役作業に運用される場面もみられた。そして同年4月26日、マフティーはオーストラリア・アデレートにて行われる連邦中央閣僚会議の粉砕を宣言、法案の破棄を要求し会場を襲撃する。その際、Ξガンダムは因縁のペーネロペーと再び交戦、互いの兵装を駆使した熾烈な戦闘を展開する。やがてΞガンダムはペーネロペーを追い詰めるものの、会場周辺に設置されたビーム・バリアーによって墜落。無抵抗な状態のまま、ペーネロペーにより、マニュピレーターやエネルギー・チューブ、バーニアを焼き切られ、戦闘能力を失う。その後は、アデレート空港に鎮座した状態で、連邦軍から製造元がどこなのか調査が行われた。

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。