Fandom


(機体解説)
37行: 37行:
 
この機体は、[[一年戦争]]後に製造された[[ジム]]の性能向上型で、[[ガンダムNT-1]](アレックス)をベースに開発された。バランスの良い高性能機。主にエースパイロット向けに配備されたが、生産コストが高かったため製造数は少ない。高次元でバランス良くまとまった性能のため、模擬戦で対戦した[[コウ・ウラキ]]からは「'''特徴の無いのが特徴'''」と評された事がある。
 
この機体は、[[一年戦争]]後に製造された[[ジム]]の性能向上型で、[[ガンダムNT-1]](アレックス)をベースに開発された。バランスの良い高性能機。主にエースパイロット向けに配備されたが、生産コストが高かったため製造数は少ない。高次元でバランス良くまとまった性能のため、模擬戦で対戦した[[コウ・ウラキ]]からは「'''特徴の無いのが特徴'''」と評された事がある。
   
ペガサス級強襲揚陸艦[[アルビオン]]には3機のジム・カスタムが配備され、[[サウス・バニング]]、[[アルファ・A・ベイト]]、[[ベルナルド・モンシア]]が搭乗したが、バニング機は[[シーマ・ガラハウ]]の[[MS-14Fs ゲルググM|ゲルググM]]との戦闘で受けたダメージが元で爆発し大破している。
+
ペガサス級強襲揚陸艦[[アルビオン]]には3機のジム・カスタムが配備され、[[サウス・バニング]]、[[アルファ・A・ベイト]]、[[ベルナルド・モンシア]]が搭乗したが、バニング機は[[シーマ・ガラハウ]]の[[MS-14Fs シーマ・ガラハウ専用ゲルググM|ゲルググM]]との戦闘で受けたダメージが元で爆発し大破している。
   
 
[[デラーズ紛争]]後は連邦軍の生産ラインが[[ジャミトフ・ハイマン|ジャミトフ]]一派に移ったため、[[ティターンズ]]カラーに機体色が塗り替えられ、若干の設計変更が加わった[[ジム・クゥエル]]が生産されるようになった。
 
[[デラーズ紛争]]後は連邦軍の生産ラインが[[ジャミトフ・ハイマン|ジャミトフ]]一派に移ったため、[[ティターンズ]]カラーに機体色が塗り替えられ、若干の設計変更が加わった[[ジム・クゥエル]]が生産されるようになった。

2010年3月12日 (金) 03:38時点における版

ジム・カスタムは、アニメ機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などに登場した架空の兵器で、地球連邦軍の汎用量産型モビルスーツである。型式番号RGM-79N

機体解説

この機体は、一年戦争後に製造されたジムの性能向上型で、ガンダムNT-1(アレックス)をベースに開発された。バランスの良い高性能機。主にエースパイロット向けに配備されたが、生産コストが高かったため製造数は少ない。高次元でバランス良くまとまった性能のため、模擬戦で対戦したコウ・ウラキからは「特徴の無いのが特徴」と評された事がある。

ペガサス級強襲揚陸艦アルビオンには3機のジム・カスタムが配備され、サウス・バニングアルファ・A・ベイトベルナルド・モンシアが搭乗したが、バニング機はシーマ・ガラハウゲルググMとの戦闘で受けたダメージが元で爆発し大破している。

デラーズ紛争後は連邦軍の生産ラインがジャミトフ一派に移ったため、ティターンズカラーに機体色が塗り替えられ、若干の設計変更が加わったジム・クゥエルが生産されるようになった。

主武装はマシンガン(ジム・ライフルと表記される事もある)とビームサーベル。また、頭部にはRGM系MSの例に漏れず、60mmバルカン砲を装備する。

劇場版『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』では『0083』との時間軸を感じさせるためジム・キャノンIIと共に登場し、エゥーゴに配備されているのが確認されている。通常のブルーグレーで塗装された機体の他に、ジムIIと同様のエゥーゴカラーで塗装された機体も登場した。

ギャラリー

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。