RGM-79KC ジム・インターセプト・カスタム フェロウ・ブースター装備は地球連邦軍の高性能カスタムタイプのジム系上位機種MS

概要

一年戦争末期に開発・配備されたジム系上位機種のジム・スナイパー・カスタムの高性能に着目した連邦軍上層部は大気圏内用に開発されたコルベット・ブースターをベースに宇宙空間用の兵装ユニットを開発し組み合わせて運用する計画を決定し、生産後期型の10数機を専用機体として生産する事とした。 ロールアウト後、間もなくフェロウ・ブースターと共に主力艦隊に配備され、中間迎撃と艦隊防衛任務に就き多くの戦果を挙げた。 また、この機体はベースであるスナイパー・カスタムに比べ軽量化されておりランドセルの推力も低くなっているが、ブースターを装備が前提である為機動力は総合的には向上している。

補足

本機はフェロウ・ブースターとの組み合わせでの使用が前提とされていたが、戦闘中に損傷・投棄する事もあり、その時のランドセルの推力の低下が問題になると思われたが、搭乗パイロットが技量の高いベテラン揃いであった為非常に優秀な戦果を残している。これはジム・カスタム系の総合的な性能の高さを引き継いだ本機の素性の良さとベテラン・パイロットの技量の賜物であった。

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。