Fandom


ORX-005 ギャプランORX-005 GAPLANT)は「機動戦士Zガンダム 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

連邦軍が開発した超高度迎撃用可変モビルアーマー

機体解説 編集

地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の所属機で、MA形態に変形することで大気圏内での単独飛行が可能。追加ブースターを装備することで重力下から衛星軌道まで到達できる迎撃用可変モビルアーマーである。

開発経緯編集

地球連邦はその性質上地球に重要な拠点や施設、基地及び研究機関が多数存在し、それ故に衛星軌道からの降下作戦等に対応する機動兵器が常に求められていた。本機は本来宇宙用に開発された機体であるが短時間ながら大気圏内での単独飛行が可能で追加ブースターを装備することで衛星軌道上まで到達できる性能を確保できたため大気圏内での高々度迎撃機としての運用が追加され,調整が加えられた結果,現在の仕様になり超高高度迎撃用の兵器として完成を見た。

武装・特殊装備 編集

基本兵装 編集

  • ビーム・ライフル(メガ粒子砲)

バインダーに内蔵された射撃兵装。出力3MWバインダーのステーに内蔵されたパワーケーブルよりジェネレーターに直結されているため高容量のドライブを行える。故に一般的な携行モデルに比べるとレスポンスに優れ出力と連射性が高い。ただ、ライフルシステム自体はエネルギー充填型で、一度弾切れすると再リロードができない点が欠点と言えるが本機の戦術と機体特性上から一撃離脱が主な運用法で特に大気圏内での長時間の戦闘行動は搭載プロペラントの関係上不可能なので問題にならないと判断されている。シールドには折りたたみ式の射撃安定用支持グリップが設けられているが、これが劇中で使用されたことはない。

  • ビーム・サーベル

サイドアーマー内に格納された接近戦用武装。出力0.6MW。あくまでも自衛用の装備ではあるがパイロットの技量次第では強力な武装となりえる。劇中でヤザンは二刀流も併用、Zを終始圧倒する。

  • ムーバブル・シールド・バインダー

両腕部に装備。ビームライフルとブースターを内蔵。伸縮可能でビームコーティングが施されており、数発程度の一般的なビームライフルの直撃にも十分耐え、条件次第ではビームサーベルの斬撃も防御可能な性能を持つ。MA形態時もマルチ可動システムにより自由度の高い可動が可能で、全面に寄せて前方からのビームを防御、機体方向を変えること無く急激な方向転換が可能、等々本機の特徴かつ生命線といえる装備。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。