機体解説[編集 | ソースを編集]

MS-09R リック・ドムをビーム兵器のテストヘッドとして改良した機体。外見は従来のリックドムと変わらないが、ビーム兵器を使用するためにジェネレーターを改良し、出力の底上げを図っている。この機体は主にMS試験艦隊(アナベル・ガトーシャア・アズナブル等のエースパイロットに配備された機体も存在する)に配備され試験が行われていたが、終戦間近であった事と、使用するビームバズーカのエネルギー効率がこの機体では不十分であったため、生産はごく僅かに止まった。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。