ガンダペディア
Advertisement

Gメカは『機動戦士ガンダム』に登場したRX-78 ガンダムのサポートメカの総称で、大河原邦男メカニックデザインのMSV-Rで解説されている支援メカ。

解説[]

Gメカは「RX-78 ガンダム」の地球上における機動力向上・戦闘時の支援の為に、一年戦争末期にサポートメカとして製造・配備された。このGメカはRX-78 ガンダム1機につきGメカが1セットでバックアップするという運用方法が取られた。本機は多様性に富んだ運用が出来るよう設計されていて、コクピットとビーム砲を含むAパーツと推進装置と主翼・走行装置を含むBパーツなどから構成されており、分離可能な中央部にRX-78を搭載・格納できた。

運用体形[]

AパーツBパーツを結合した基本形を「Gファイター」と呼び、重戦闘爆撃機に匹敵する性能を有しており、単体での戦闘も可能な高性能機。地上のRX-78を上空から支援する他、機体上部に乗せての空中戦も可能である。

AパーツとBパーツの中央に、両腕にシールドを装備したRX-78を格納・搭載した重爆撃機仕様を「Gアーマー」と呼び、長距離移動を必要とする場合に使用された。戦闘地域に到達後、RX-78と分離し「Gファイター」になって支援を行う。

RX-78の上半身を装着した「FF-X7 コア・ファイター」にAパーツを結合した陸上戦車仕様を「Gブル」と呼ぶ。

RX-78の下半身を装着した「FF-X7 コア・ファイター」にBパーツを結合した高速戦闘機仕様は「Gスカイ」と呼ばれて運用されたが、この仕様はあくまで暫定的使用方法であり、予備のコア・ファイターとRX-78の下半身を使用して運用された。

「FF-X7 コア・ファイター」にBパーツを結合した、高速戦闘機体形を「Gスカイ・イージー」と呼び、長距離偵察に使用された。

補足[]

Gメカの生産数は極端に少なく、WB(ホワイトベース)隊に配備された2機の他に予備機が1機の合計3機であったと言われている。また、当初はMS全てにGファイターを採用する計画であったため、Gメカの基本形であるGファイターの生産ラインを整備していたが、コア・ファイター同様に連邦軍上層部のMS開発・配備計画の方針転換により、運用方法の転換・改修を余儀なくされた機体でもある。

Advertisement